まるで研究室のような異色の空間

潰したイチゴとパイナップルジュースを合わせて果汁を濾(こ)し、コニカルビーカーに注いだ上から強いホワイトラムを少々。出された液体をしばし見つめていると……、表面に白いワタ状のものが浮いてくる。

「イチゴのDNAが析出されたんです。エタノール沈殿という手法です」と店主の野村卓史さんが言う。名付けて『苺のDNAカクテル』だ。ビーカーから直接口に運べば、実験結果の味は甘酸っぱく爽やかだ。

ラムベースの「苺のDNAカクテル」。好みで右のビーカーの果汁を混ぜて飲む。

大学院で発生生物学を専攻した野村さんが、まるで研究室のようなこの店を開いたのは2014年の3月。様々な実験機材を愛で、科学の話題を共有できる場を持ちたかったのだという。そのユニークさにがぜん注目が集まり、今や理系文系問わず、様々な層の客からの予約が入ってくる。

アルコールランプで焼く干物が面白い。ビールもフラスコで。

ワイン用グラスの用意はあるが、飲み物は基本的に大小のビーカーやフラスコで供される。試験管に入れた「ワイン赤白飲み比べ8種」も人気だ。チーズフォンデュや干物に使うのはアルコールランプ。突出しの干しイチジクは遠心分離機などで使う遠沈管に入っている。

顕微鏡写真が流れるスクリーンと、左はサイバー攻撃のトラッキング映像。

スクリーンに映る神経細胞や血管などの顕微鏡写真が美しい。元同僚や野村さんが研究機関在籍時に撮影したもの。ほかにネイチャー系動画も流れ、世界のサイバー攻撃トラッキングなども興味深い。

奥に置かれた本格的な顕微鏡やプレパラートで遊ぶのも自由である。時には、科学の最前線を専門家がわかりやすく語る研究者ライブも開催しているという。

白衣を着てひとときのサイエンティスト気分が味わえる。
極小ビーカーでいただくワインの飲み比べ。

形だけではない本物の科学に触れられるのが楽しい。店を出る頃にはなんだか少し賢くなった気がするのは思い過ごしだろうか?

文/秋川ゆか 写真/古末拓也