地下鉄門前仲町駅の交差点から一本裏に入った隠れ家的バー。

「ローカウンターでゆっくりしていただける大人の空間を造りたかったのです」と話すオーナーバーテンダーの椎葉寛之氏。葉巻も似合うその上質のシチュエーションは、銀座で13年間学んだバー文化、バーテンダーの経験値の集大成でもある。

欧州アンティークでまとめられたしゃれた空間。
まずは温かなオニオンスープがサーブされる。スタッフが1時間かけて煮込んだ一品。

バーテンダーになる決心を固めると、修業先を探して銀座の店を飛び込みで回るなど、椎葉氏の行動力は人一倍。23歳の時だった。そしていくつも断られるなかでその思いをまず受け止めてくれたのが「JBA BAR SUZUKI」だった。

その後「BAR洋酒博物館」、「BAR SUPERIOR」と銀座の名店で修業を重ね、平成19年(2007)、門前仲町に念願の店をオープン。“銀座のバーの正統”をこの地に根付かせたのである。

スープで胃を温めたら、好みの酒をオーダー。季節を感じさせるフルーツを使ったカクテルも人気。
グラスや調度品などをきっかけに会話も弾む。

【Selected cocktail】メルシー

メルシー

フランスの世界大会「マリーブリザール」のカクテルコンテストで見事優勝したカクテル。ピーチリキュール、バラのシロップ、オレンジジュースなどを合わせた爽やかな一杯。1600円。

※営業日時などについては要確認。

▶︎こちらもおすすめ「覚えておきたいスタンダードカクテル27種類|名前&レシピ一覧」