「以前は女性オーナーと一緒に営業していました。泥酔者対策として入口にインターホンを付けたんです。ちなみに店名は、猫好きの前オーナーの趣味ですね」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c6aedc7a12d922debe8c4784fe3085ef.jpg
入店はインターホンを押して鍵を開けてもらう儀式から始まる。

現在のオーナーバーテンダー、小田健二氏は平成12年(2000)に入店。当時の店は赤羽の駅前にあった。その数年後に現在の場所に移り、店名はそのままに平成26年(2014)店を引き継いだ。もちろん、その当時からのオーセンティックな雰囲気も継承して今に至っている。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2d4489dc8423083085901f4e73a87ea7.jpg
4人掛けにしては余裕のあるテーブル席も用意。

可愛らしい店名とは裏腹に、バックバーにはシングルモルトを中心に様々な酒が並んでいる。シックで落ち着いた店内が、この界隈には珍しい重厚感のあるバーとして親しまれている。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c83709382a7f67ba3d086b504791798e-1.jpg
酒のストックは500種類ほど。イチローズモルトは初期の頃からの付き合いのため、一樽買いができたと、小田氏。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a8f88df9248e5b081e1ca1100d91c262.jpg
カルアリキュールを使わない「キティーズミルク」の材料。右からコーヒーリキュール、エスプレッソリキュール、ヘーゼルナッツリキュール。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3549a393a4d5220ea3651f32fa08a4f0.jpg
この時点ではコーヒーにしか見えない。締めにこれを注文する人も多い。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 73ab203aa0d9eaac803043e7eb8693de.jpg
ミルクフォーマーで泡立てたミルクをトッピングで完成。1000円。

【Selected cocktail】秩父テイスティングセット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2582ddff4abbbb6daca9bb2b47d0368a.jpg
秩父テイスティングセット

今や大人気の秩父のウイスキー「イチローズモルト」。一樽を購入し、1~5年目まで同じ樽からボトリングしたものが飲み比べられる。5杯で2500円。なくなり次第終了の超貴重な一杯。

※営業日時などについては要確認。

▶︎こちらもおすすめ「ウイスキーのおすすめ銘柄12選|種類や効果・効能、飲み方を紹介」