「堅苦しくない店でいたい。美味しいといってもらえるのが一番嬉しい」と佐々木氏。

「綾瀬や浅草、湯島にあるバーにも勤めていました。その時、お客との距離の近さと楽しさ、仕事の段取りの仕方など、もちろんカクテルの作り方と奥深さも学びました」。

そして、29歳の時にバーとスペイン料理の店を生まれ育った金町で開いたが、8年後にビルの建て替えで閉店。しかし、令和元年(2019)8月、同じ場所にできた新築ビルに、新たな店名を付け、モダンなスタイルへと換えてバーを再開した。

店内はクラシカルモダン。壁には客の入りやすさを願って、いつも衣服が掛けてある。
厨房の明りが壁に写り込む。

それにしても、修業時代に身につけたというカクテルを作る際の手早さは見事。そのスピード感が心地好さと楽しさを生み出してくれる。

「私が好きなカクテルですから、ぜひ楽しんでいただきたい」と勧められたコスモポリタン。
佐々木氏の手早さをも堪能する。バックバーは夕日を思わせるオレンジ色に灯される。

【Selected cocktail】オールド・ファッションド

オールド・ファッションド

ライウイスキーにアロマティックビターズを加え、角砂糖とオレンジやレモン、サクランボなどのフルーツを添えた一品。フルーツを潰し角砂糖を溶かしながら飲むと、円やかになる。

※営業日時などについては要確認。

▶︎こちらもおすすめ「ウイスキーのおすすめ銘柄12選|種類や効果・効能、飲み方を紹介」