桜の花の咲く公園に面していて、春はバーも盛り上がる。

「大森のバーに勤め、独学でカクテルを始めました。転機となったのはバーテンダーズスクールの講師でいらっしゃった毛利BARの毛利隆雄さんとの出会いです」と宮崎氏。名バーテンダーと称された毛利氏は数々の質問に丁寧に答えてくれた。そして宮崎氏にこう伝えたという。

「感謝の気持ちを忘れてはいけない」

その言葉を胸に宮崎氏は研鑽を積んだ。ある時、日報を見ていて15万人もの来客があることに気付く。今ではさらに増え18万人に達した。その柔らかな物腰と絶妙なカクテルの味を楽しみに今夜も多くの客が集う。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3980ec7c59c9df26c48abc0b7f242086.jpg
宮崎氏の見事な手さばきを見ながら一杯いただく。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c9db1e0aca6dbc415b2f4d49d415ae19.jpg
宮崎氏の教えを受けたテンダリーのバーテンダーには競技大会受賞者が多い。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2f5d56e2911db9d3e9c3c6c114762267.jpg
店内を飾る装飾のひとつ。

【Selected cocktail】艶女(アデージョ)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03bd93d503ba82920c1e3b3f39ecd4fe.jpg
艶女(アデージョ)

47歳の若さで亡くなった芸者さんがいた。闘病生活を送る彼女を励ますために作ったこのカクテルは、競技大会でグランプリを受賞。カルヴァドスの香りが豊かな一杯。1500円。

※営業日時などについては要確認。

文◎相庭泰志 撮影◎遠藤純

▶︎こちらもおすすめ「覚えておきたいスタンダードカクテル27種類|名前&レシピ一覧」