大人の街「赤坂」に佇む
遊び心あふれる酒場

バラが飾られ、カウンターに籐椅子が並ぶ洒落た店内。平成9年(1997)にオープンした「バー ディース」は一般的なオーセンティックバーとは一線を画する。

「リゾート地にあるようなバーを目指して家具や小物を集めました。店名の通り、バーの基本は押さえながらも、遊び心があってお客様がリラックスできるような空間にしたかったのです」と語るのはオーナーバーテンダー・増田輝仁氏。店名は、英語のDECENT(ちゃんとしている、礼儀正しい)のスラングだ。

肩の力を抜いてくつろげる雰囲気からか、二世代で通ったり、しばらく東京を離れていた客が10年ぶりに戻ってきたりすることがある。

「人生を豊かにする遊びの時間をより良いものにして、お客様から喜んでいただける。そういう日々の実感がやりがい。これからもお客様と店と一緒に年を重ねていきたいですね」と話す増田氏の満面の笑みが、今宵も客を惹きつける。

写真/遠藤 純