涼しげな槍沢沿いにのオアシス
槍ヶ岳を目指す中継地

上高地から約5時間で到着する槍沢ロッヂ。槍ヶ岳までのルートのちょうど中間地点だ。そのため、ここを1日目の宿泊地にする登山者が多い。沢沿いに建てられているため水が豊富で、誰でも水を無料で補給できる。

また山小屋では珍しく風呂を完備しているのも嬉しい。

この小屋の前身は初代創業者の穂苅三寿雄が大正6年にババ平に建てた山小屋で、名称は当初「アルプス旅館」だったが早々に「槍沢小屋」と変えた。

その後、小屋は雪崩で流され昭和43年に現在の地に移り、名前も槍沢ロッヂに改められた。