店内では様々な世代の客がくつろぐ。

祖父の代から営業を始め、今の店主は三代目。店内には昔使っていた木製の看板や戦後間もない頃に撮られた「新宿駅」付近の空撮写真が飾られ、店の歴史がうかがい知れる。

三代目店主(左)と二代目(右)
木板を使った昔の看板。

元祖酎ハイの店としても有名で、特にレモン酎ハイが人気。料理は定番のもつ煮込みなどが受け継がれる一方で、三代目が南九州まで足を運び、生産者から直接仕入れている黒豚を使ったコロッケやメンチカツといった新しいメニューも人気を集める。

黒豚コロッケ
レモン酎ハイ

歴史の重みのなかに新しい世代の風を感じられる店だ。

昭和の趣を感じる外観。

※2019年取材(新型コロナウイルスの影響で営業時間に変更の可能性あり)

写真/遠藤 純

▼あわせて読みたい