忙しい日常から離れのんびりひとりの時を過ごす

 池田市の余野川沿いに建つ「不死王閣」。都市部・大阪にあるが、ここは奥座敷に位置しているため、辺りは静かだ。関西圏に住む人たちの手軽な旅の宿として人気の宿でもある。伊丹空港からもほど近く、ビジネスや家族連れも訪れるという。

不死王閣の温泉はホルミシス効果で知られる天然ラジウム。保温効果が高いといわれる冬は特にお勧めだ。また庭園露天風呂では、まるで深い森に包み込まれるような開放的なロケーションで湯浴みが愉しめる。自然豊かな周辺の景観も、冬には満天の星空を望むことができ、湯に浸かりながら目を喜ばせてくれる。

冬の寒い季節、夕食は地元名物の「ぼたん鍋」や「ぼたんしゃぶしゃぶ」を味わいたい。良質な脂の乗った丹波篠山の野生の猪肉を使っており、低カロリーでカルシウムも豊富。料理長特製の味噌ダレにつけて猪肉の旨みを堪能したい。ひとり旅プランには夕食が付いていないが食事処で自由に注文できるのも嬉しい。

旅には出たいけど遠出するのは難しいと思っている人には、近場にある癒しの宿で、くつろぎの時間を味わってもらいたい。