冬の鳴門の素晴らしい眺望をひとり占めにできる贅沢

 敷地面積はなんと7万坪。眼下には鳴門海峡を望む、瀬戸内海国立公園に立地するプライベートオアシスだ。宿に足を踏み入れた瞬間から、喧噪とは無縁の世界に身を置ける。

客室はわずか10室。季節によって色が移ろい、海上には幻想的な月明かりの道が生まれる景観が望める。穏やかな冬の瀬戸内の風景を、ひとり占めにすることができるのだ。温泉は自家源泉で、海を眺めながら愉しめる。

男性でもリラクゼーションエステが申込め、フェイシャル・ボディコースで癒されよう。