多くの文豪に愛された名旅館の和室をひとり占め

創業は江戸時代初期の寛永年間、1627年頃と伝えられている。長い歴史を誇る道後温泉の中でも老舗と言える宿だ。伝統と格式を重んじつつ、新しい取り組みにも積極的。

その一環として、広い和室をひとり占めにできる1泊2食付きのひとり旅のプランを、平日2部屋限定で設定している。

夕食は瀬戸内で獲れた冬の素材を生かした会席料理を、誰にも気兼ねすることなく広い部屋で味わうことができる。朝食は和食膳かアメリカンブレックファストからチョイスできる贅沢なプランなのだ。