一度は食べたい高知の大皿料理がおひとりでも

 ひとりで訪ねても温泉、食事、自然、宿泊、地元の人たちの優しさに包まれることを実感できる宿。早めにチェックインして、まずは温泉に直行するのがおすすめだという。PH9・7のアルカリ性の湯は、全身がコーティングされるようなしっとりとした感覚が味わえる。

湯冷めしにくく肌がしっとりするので、時間を自由に使えるひとり旅ならば、何度でも湯を愉しみたい。

さらにこの宿では高知の郷土食「皿鉢料理」がひとりでも味わえる。天日塩を使用するなど、自然のものにもこだわっている。