寒い季節にありがたい
湯冷めしにくい指宿の湯

指宿の名物・砂蒸し風呂が愉しめる「砂むし会館 砂楽」まで徒歩5分ほどの場所に建つ旅館「いぶすき秀水園」。

元は焼酎の造り酒蔵だったが、昭和38年(1963)に旅館として創業。今も池田湖近くに蔵元が残っているという。

到着後にいただける抹茶と、季節の彩りを添えた和菓子で心落ち着かせた後は客室へ。同宿には全部で5種類の客室が用意されており、いずれも畳と広縁のある和室でくつろぐことができるのが特徴だ。

浴場には豊富な湯量を誇る指宿温泉が引かれ、源泉かけ流しで堪能できる。また大浴場や露天風呂、サウナのほか、貸切風呂「桧」と「碧」もある。和の趣きにあふれる空間でひとり贅沢に湯浴みが愉しめる。

夕食は腕利きの料理人が作る会席料理。大豆と北海道利尻の昆布で仕上げ旨みを引き出した「薩摩黒豚の柔らか煮」や、オリジナルの和風ソースで焼き上げ香り豊かで芳醇な「あわびの素味噌焼き」など、地の食材を生かした品々が味わえる。別注で「兵六瓦そば」なども注文できる。

指宿の温泉や砂風呂に癒され、郷土の味覚を心ゆくまで堪能したい。