全室スイート仕様の客室「食」と「湯」を堪能する

昼神温泉は南信州の山あい。重厚な會門をくぐると、館内は大正浪漫をコンセプトに、伝統とモダンが融合したノスタルジックな空間が広がっている。

滞在中の居住性を重視して全室2間以上、居室と寝室が別々のスイート仕様という贅沢な造りだ。

「食」と「湯」という贅の王道をシンプルに味わうために「二食一泊付」滞在を提案。料理は創作和食だ。「日本一の星空」などアクティビティも充実している。

文/阿部文枝 撮影/