【憧れのクラシックカースタイル
奥村純一さん(フォトグラファー・47歳)モーリス1100 [1963/イギリス]

古いクルマしか持っていないので、どこへ行くにも何をするにもこのクルマが活躍する。

驚くのは、前々のオーナーがホンダの四代目社長の川本信彦氏だったことだ。それが判明したのが2014年のあるイベントで川本氏本人から「懐かしいね。昔乗っていたんだよ」と声をかけられたことからだった。

イベントで出会ったこの車の前々オーナーであるホンダ四代目社長・川本信彦氏と。

45年ほど前に川本氏にお子さんが生まれたため、4ドアのこのクルマを購入したのだという。当時と変わっていないナンバーを見て、感慨深げだった。現在の色に塗り替えたのも川本氏だ。ちなみに同じ頃、あの本田宗一郎はこの兄弟車であるMG1100に乗っていたのだそうだ。

鯖街道・熊川宿へ出かけた際のショット。

そんな由緒ある(?)クルマ以外にも奥村さんはサーキット走行用も含めて、古いクルマばかり12台所有している。生活の足として、どこに行くにも製造から50~60年経っているクラシックカーだ。このモーリスでも、四国へドライブに行き、金沢へも家族と犬同伴でドライブしている。

普段の足として、愛犬と共に買い物に出かけている。

小さなボディに4ドアという使い勝手の良さ。ハイドラステックサスペンションのふわふわした独特の乗り心地。消耗品も安価で流通量もそこそこ。これから乗りたいクルマが思い浮かばないほど愛着があるし、「品川5」のナンバーを継続するためにも乗り続けたいと話す。

モーリス1100
(製造開始年/1962年・排気量/1098cc・エンジン/直列4気筒)
オースチン、モーリス、MG、ウーズレーライレーなどのブランドを有するイギリスの当時最大の自動車メーカーBMCの最初のデビュー車。
独特のふわふわ感あふれる乗り心地はかなり気に入っているという。
年式相応のシンプルな内装。
こまめに気を使ってやれば、機嫌を損ねることは少ないという。

写真/佐藤佳穂