【憧れのクラシックカースタイル】
長島弘幸さん(会社員・54歳)アルファロメオジュリアスパイダー [1963/イタリア]

左が長島さんのアルファロメオジュリアスパイダー。右はアルファ友達の青木さんが乗るアルファロメオ ジュリア 1300Jr。

「アルファロメオは若い頃から憧れていたクルマで、ちょっとワルな感じが好きなんです。映画でも使われた159を始め数台乗り継いできましたが、最近手に入れたのがこの1963年型の真っ赤なジュリアスパイダー。オープンなので天気がいい時は最高の気分で走れます」

購入してからというもの、ほぼノントラブル。エンジンの調子はとても良い。
群馬県桐生市の古い町並みを走る。

2010年に東京都町田市のミラノオートで、およそ300万円で購入し、以降、まったくのトラブル無しで日々のカーライフを満喫している。所有するうえでの苦労もほとんどなく、エンジンのかかりが少々悪いことやオイルが少し漏れるなんてことも、古いクルマならではだと達観している。

インパネ回りもボディと同じ赤が映える。

「オープンで走っていて突然の豪雨に見舞われた時は、ずぶ濡れで走り続けました(笑)」と笑いながら話す長島さん。愛車と走る日々がかけがえのないものになっているようだ。

イベントもこのクルマでよく参加する。写真はマロニエ オート ストーリーに参加した時のもの。
アルファロメオジュリアスパイダー
(製造開始年/1962年・排気量/1570cc・エンジン/直列4気筒)
1955年に発売され大ヒットした1.3ℓのジュリエッタスパイダーに、1.6ℓ・シングルキャブ・エンジンを搭載したモデル。

文/岩谷雪美