クリスチャン・サロンに憧れて組み上げた

吹け上がり抜群の走りだ。

1980年代に活躍したロードレーサーのクリスチャン・サロン。ゴロワーズ・ブルーのYZRを駆る姿は、レースファンならすぐに思い出すだろう。彼のライディングが好きだと話すカズさんは「他のゴロワーズでは見ない、赤のホイールがお気に入りです」と話す。

お気に入りの赤いホイールとブレンボのキャリパー。

実はこの車体、96年にバイクショップから3台のTZR250を譲り受け、コツコツと1台のマシンに組み上げたもの。ほかにもホンダ モトコンポをはじめ5台のバイクを所有するカズさんにとって、このTZR250は特に思い入れのあるマシンなのである。

Custom Point
スタビライザーが付いたスイングアーム

後期型の前後ホイールを装着し、サスペンションはオーリンズ。スタビライザー付きのスイングアームは珍しく、カスタムのポイントだ。チャンバーはダイシン製とこだわる。


ホンダDIOのエンジンと足回りを移植したモトコンポ。1981年式モデル。
サスも社外品で補強してある。

※2018年取材

文・写真/田村巴 取材協力/TRカンパニー、和田屋

▼あわせて読みたい