MG一筋60年以上人生を決定づけた一台

知人が修理のため持ち込んできたMG。レストア歴50年以上の経験がものをいう。

それを自分でレストアしてこれまで56年間維持し続けている。そうした経歴から小野さんの元には同クルマの修理の依頼が多く舞い込み、MGのことなら小野さんに聞けと評判になっている。MGを整備するために自宅に隣接して造られたガレージには修理依頼のMGが常に置かれている状態だ。とにかく自らレストアし続けているので、MGのこと全てが楽しみだという。

エンジンも全て自身でレストアし常に快調を維持しており、走りも現代のクルマのようにスムーズだった。
リアに取り付けたキャリアには革製の大きなトランクが似合う。
現役のレースライダーだった頃の写真。

レストア歴50年以上の小野さんのMGミジェット TDⅡは、現代のクルマのようにスムーズに走る。それは、小野さんがエンジンも全てレストアしているため、走りは常に快調なのだ。

メーター周りのウッドパネルと精密機械のようなメーター類がMGの証し。
50年以上前の車両ながらスポークホイールの一本一本まで磨き上げられている。
MGの冠の付いたメッキパーツも美しい。

これまで所有したクルマはスバル360から始まり、100台以上は乗り継いできているが、そのなかでもやはり一番がこのMGだということだ。「フロント回りのラジエーターグリルからバンパー、そしてフェンダーへと続くデザインが気に入ってます」。

横からのフォルムが美しいMG。小野さんにとってはもう体の一部となっているのだろう。

MG ミジェット TDⅡ

英国の自動車メーカーのモーリス・ガレージの頭文字が「MG」。TシリーズはTA、TC、TD、TFが20年間造られたが、外観はほとんど変わっていない。