使用感を出した絶妙なサビ仕様はもはや作品レベル。

所有してから約15年。この味のあるボディに「ボロいのにそこそこ走るんですよ。走っている時の周りの目線にも慣れました(笑)」と楽しそうに話す姿は、クルマへの愛情が溢れている。

荷台のオレンジ色の屋根は後からつけた村上さんオリジナル。

同車をもう一台所有しながらも、この愛車と共に普段から買い物や仕事にでかけ、ドライブを楽しんでいるのだそう。

かつて本田技研工業が生産、販売していたピックアップ型の軽規格のトラック。良い感じに錆びさせたスタイルが村上さんの一番のこだわりであり、お気に入りといったところ。後部にはモトコンポなどを載せるなどして活用している。

▶︎こちらもおすすめ「クラシックカーまとめ(国産名車12選)」