トランスミッションは5速マニュアル。

「当初は通勤車両として購入したのですが、今は流麗なデザインのクルマが殆どの中、角ばった形状が新鮮に思えてきて、少しずつまた乗りたくなったんです」と語る。

馬力があることから当時は「羊の皮を被った狼」と呼ばれ、親しまれていた。

クルマを走らせていると同世代の方に声をかけてもらえるのも楽しみのひとつだ。

三菱の名車と呼ばれたコンパクトスポーツセダン、ランサー。コンパクトなボディながらパワフルなターボエンジンを搭載し、何よりこの角ばったボディがこのクルマの特徴。このボディラインが関口さんのお気に入りだ。

▶︎こちらもおすすめ「【名車リスト70選】クラシックカー特集」