リアフェンダーにかかるサーフィンライン。

購入後に3年かけて自分でレストアし、今も乗り続けている。2輪車は過去に一からレストアした経験があるが、4輪車は初めてだった。

四角のテールランプの横には2000GTの文字が刻まれている。

自分でどこまで仕上げられるのかやってみたかったそうで、出来上がった時には喜びもひとしおだったという。

1968年に登場したスカイライン2000GT。このシリーズは人気を博し、この後に登場するケンメリ以降も人気は止まらず、スカイライン神話の礎となった。志村さんはこの愛車に乗って友人達とツーリングに行くのが楽しみなのだという。

▶︎こちらもおすすめ「【名車リスト70選】古いクルマってなぜこんなにも魅かれるのだろう?往年の名車とオーナーの物語」(クラシックカー特集)」