ひときわ目立つカラーにあっという間に陥落した

「お店で一目見て妖しいピンク色に惚れちゃいました」。そう話す的場さんのGT750は、1972年製の初期型モデルだ。キャンディーラベンダーのカラーリングは輸出専用色で、北米では200㎏を超える水冷マシンということで“ウォーターバッファロー”と呼ばれ親しまれた。

水冷2スト並列3気筒エンジンは現在でも見劣りしないクオリティ。根強いファンも多く、当時は白バイにも採用された。フルオリジナルの的場さんのマシンは程度も絶好調だ。

中央のシリンダーから2本出しになっているエンピツマフラー。奏でられる独特の2ストサウンドはGT750の代名詞だ。

特にお気に入りのポイントはダブルドラムブレーキと純正のカラーリングという。的場さんに影響された奥様が免許を取得し、最近は一緒に走るのが楽しい時間。

※2019年取材

文/田村巴 取材協力/ウエマツ東京本店、ブリティッシュビート、ボートラップ

▼あわせて読みたい