背面壁には、飾り窓と棚がある。一部床を上げることで座っていても視線が高くなり、仕事をしながらでもリビングの様子がうかがえる。

床を上げ、コルクタイルを張って座れるようにしたことで、壁の向こうにはリビングで集う家族の団らんが見えるという。適度なこもり感を確保しつつも家族との一体感が得られる、最高の秘密基地だ。

【秘密基地造りのPOINT】
1.リビングと秘密基地がつながる一体感。
2.長時間座っていても疲れないミニ書斎。
3.必要な物は背後の書棚に。