元々キッチンだった所をワークスペースに。4Kモニターをデスクに設置している。

間接照明が照らすスペースには、4KモニターやPCを置いた縦長のデスク、上部と背後には本棚があり、手を伸ばせば必要な物にすぐ手が届くという使い勝手重視の造りになっている。佐藤さんがオーダーしたのは、狭くても高機能という“コックピット・オフィス”。壁の防音もしっかり整え、ドアを閉めれば完全に音がシャットアウトできるようになっている。

子どもも夢中になる秘密基地感。
デスクの背後に設えた奥行き13cmの本棚。
本棚の高さも奥行きも細かく指定。

玄関そばにあるため打ち合わせもいつもこの場所。生活の延長からもすぐに仕事モードに切り替えられる、理想のスペースだ。

玄関正面奥がワークスペース。
子ども3人と奥さんの楽しく賑やかな5人家族。

【秘密基地造りのPOINT】
1.手の届く範囲に物が揃うスペース。
2.防音壁を間に家族空間と分ける。
3.玄関から直行の仕事モードの間取り。

【Owner’s voice】
玄関を入ってすぐの場所にワークスペースを造築したので、仕事の打ち合わせもそのままできて便利です。

文/岩谷雪美 写真/秋武生