玄関扉の右側が鈴木さんのワークスペース。床の土間はコンクリートのオフィスをイメージしたという。

会社からの独立を機に、築45年のマンションを全面リノベーション。居住空間の一部である玄関先に仕事場を造築した。

秘密基地の前にはオフィス名の看板とガラス戸があり、その奥がワークスペースとなっている。打ち合わせもここでできるようにした。

秘密基地を玄関先に配置したのは、奥の住居部分とは完全に分けたかったからだという。壁や床、スイッチや照明など細部にまで洗練されたセンスが光っている。

白い壁と室内窓ガラスで区切られたスペースは居住空間の寝室。
土間のオフィス空間と住空間は、アイアン枠のガラス戸によって明確に区切られている。

【秘密基地造りのPOINT】
1.ワークスペースと住居部を扉で分離。
2.玄関脇で住居に入らず打ち合わせ可。
3.モルタルの土間でオフィス感を演出。

【Owner’s voice】
リノベーションする上で、土間とガラスのインナーサッシは、どうしても取り入れたい要素でした。

文/阿部文枝