アップライトベースを楽しむIさん。扉を閉めれば音はあまり外に漏れない。

わずか2畳ほどの空間ながら、そこはまさにご主人のトレジャールーム。作り付けのデスクとブックシェルフ、座り心地の良いワークチェアがあり、壁にはベースが2本掛かっている。

「扉を閉めればちょっとした音は出して練習できるんですよ」と言いながら、お気に入りのアップライトベースを奏でるIさん。学生時代の友人たちとバンドを組んでおり、ジャズやポップスなどのライブを時々楽しんでいるという。

廊下の一角に造ったご主人のワークスペース。扉を閉めれば籠もれる空間に。多くの本は廊下のブックシェルフに収納されている。廊下の先は明るいリビングダイニング。

「システムエンジニアの仕事をしているんですが、小さくてもいいからひとり籠もって勉強や仕事をするワークスペースが欲しかったんです。以前住んでいた賃貸マンションでも部屋を区切って自分のスペースを持っていましたが、完全な個室ではなかった。で、4年前にリノベーションをした際にこのスペースを造ったんです」

造り付けのデスクと本棚が収まっている。

築35年・68平方メートルの中古マンションをスケルトンでフルリノベーション。カウンターキッチンのある広々としたリビングダイニングやベッドルームは奥さまの要望が生かされたおしゃれな空間となり、玄関から続く廊下に面した一角にご主人の秘密基地を設えた。

リビングダイニングで奥さんとの楽しいひととき。右手の内窓の中がベッドルーム。
扉を閉めれば、まさにそこはご主人の秘密基地。
廊下の本棚は使い勝手も満点。

狭いながらも風通しの良さや息苦しさがないのも特徴。それはデスクの右手にベッドルームにつながるウォークインクローゼットがあるからで、夏もベッドルームに設置したエアコンや寝室の窓からの風がそよいで来るからだ。

扉を閉めれば、まさにそこはご主人の秘密基地。クローゼットから見たワークルーム。風の通りが良いのもここがあるから。扉を閉めれば、まさにそこはご主人の秘密基地。
ベースなど好きな楽器もインテリアのようにディスプレイ。

「最初は仕事スペースをメインに考えていましたが、ベースが弾けるようになったのが一番の嬉しいポイントかもしれませんね(笑)」

【秘密基地造りのPOINT】
1.仕事と趣味を楽しめる空間。
2.狭くても風通しと動線を確保。
3.手の届く範囲に物が収まる。

【Owner’s voice】
今度はもっと防音設備を完璧にして、音をしっかり出せるようにしたいかな。夢はまだまだ広がっていきます。

文/岩谷雪美 写真/秋 武生