ガラスと木で仕切りを造った秘密基地は、作業に集中もでき、外の雰囲気もうかがえるのが良いという。

築30年の中古一戸建てをリノベーションしたMさん。1階全てをLDKにして、その一部に、ガラス戸で仕切ったアトリエ兼秘密基地を設けた。ただ完全に個室化せず、アトリエの上部は抜けを造り、密室にこもることなく作業に集中できるようになっている。

そして古い日本家屋の雰囲気も壊さないよう、あえてアイアンは使用せず、温もりある木材の仕切りとした。

玄関からLDKに続くアクセントカラーの緑のドアを開けるとLDKが広がる。

仕切りの上半分にはガラスを使っているので、同じ空間にいながら夫婦互いの存在が感じられるスペースだ。塗装やクロス貼りなど自分たちで作業した場所もあるのでコストダウンできたのだそうだ。

築年数の古い家なので1階をワンルームのLDKにすることで構造面には不安があったが、梁を入れてしっかり補強したことで内装のアクセントにもなった。

【秘密基地造りのPOINT】
1.上部が抜けて圧迫感を減らした。
2.仕切られてもお互いを感じられる。
3.家屋の雰囲気を壊さない木材を使用。

【Owner’s voice】
最初は予算オーバーで諦めかけたんですが、DIYなどで工夫すれば、アイデアを出しながら楽しく予算内でできます。

文/岩谷雪美