のどかな里山風景に心安らぐ

2017年5月に創立100年を迎えた小湊鐵道の「里山トロッコ列車」は、千葉県の「上総牛久(かずさうしく)駅」から「養老渓谷(ようろうけいこく)駅」までの、里山が広がる景観の中を走る。

沿線に建造された第一養老川橋梁や「上総鶴舞駅」をはじめとする駅舎群は、国の登録有形文化財にも登録され、現在も大正・昭和期の面影を残している。またこの列車は夏季限定で夜の運行を行っている。

車両がオープンビアガーデンとなり、夜の涼風を感じながら冷たいビールを心ゆくまで楽しめる。運行情報はHPから確認しよう。