可愛らしいおじさんが目印

群馬と長野の県境にあり、1997年に廃止となった旧碓氷線を走る「シェルパくん」。2005年からトロッコ列車の運行が開始され、「ぶんかむら駅」〜「とうげのゆ駅」間を約20分かけて走行する。

車窓からは中山道の難所として知られる碓氷峠の大自然が望めるほか、1912年に建設されたレンガ造りの重要文化財・旧丸山変電所を間近に見ることができる。1両はオープンな車両なので、碓氷峠の自然を感じたければオープン車両がお勧めだ。