狭い店内に、食器や電子レンジが置いてある生活感が心地良い。
刺身盛り

店内は、10人ほどがぎゅうぎゅうに肩を並べて座るカウンターが1卓と路地にはみ出すテーブル席がひとつ。決して広いとは言えない店内だが、朗らかな店主を慕って、あるいは料理の評判を耳にして、連日やって来る客が後を絶たない。

客の皆から慕われる店主。
店主お勧めの老酒

料理の目玉は、大きなネタが皿いっぱいに守られた刺身盛りだ。別々にやって来た客たちも、カウンターに座るといつの間にか仲良くなっている。夜更けまで路地に談笑の声が響く明るい店だ。

横丁の共同トイレの鍵。
横丁の路地に灯る提灯が目印。

※2019年取材(新型コロナウイルスの影響で営業時間に変更の可能性あり)

写真/遠藤 純

▼あわせて読みたい