風情ある祇園のお座敷で京野菜の懐石に舌鼓を打つ

 京都を代表する花街・祇園の路地に「祇園はやかわ 本店」は佇んでいる。「全国でもここ祇園は有数の和食の聖地で、本物を食すことを望むお客様方に成長させていただければと思いました」と語るのは、料理長の早川守さんだ。

お座敷風の町家でいただくお昼ご飯は「お昼のミニ会席」。正統派の懐石料理をリーズナブルに味わえる逸品だ。早川さんのこだわりは、京都の伝統野菜を使うこと。地元で長年栽培を行なっている農家と連携し、仕入れる徹底ぶり。旬を重んじるからこそ献立も毎月変えている。

これからの時季は、賀茂茄子、万願寺とうがらし、鱧といった京都の夏を代表する食材が卓に上る。なかでも鱧は、無数の骨を処理する技術が料理人に求められるからこそ、自慢の逸品。

 ゆったりとしたお座敷で、じっくりと京の旬を舌で愉しむ至上の時間を過ごしたい。