三条に佇むくつろぎの店で
名物「満月弁当」を食す

河原町三条交差点から一本奥に入った細い路地が張り巡らされた〝路地裏迷宮〟の一角に簡素な佇まいの割烹料理店「河しげ」がある。

創業は昭和17年(1942)。この店は素材の良さを引き立て、手を加え過ぎない料理が特徴。昼ご飯は懐石料理八品を一品ずつ箱に詰めた「満月弁当」(3000円)。先代料理長の「半月弁当があるなら満月弁当もあっていいだろう」という言葉から生まれた見た目の美しい弁当だ。

素朴な味わいと彩りが多くの人の人気を集め、今や店を代表するメニューに。カウンターのみの親しみやすい雰囲気の店内で、ゆっくりと食べることもできる。基本に忠実に、丁寧に作られる料理をぜひ味わってほしい。

先代料理長の「半月弁当があるなら満月弁当もあっていいだろう」という言葉から生まれた見た目の美しい弁当だ。素朴な味わいと彩りが多くの人の人気を集め、今や店を代表するメニューに。

カウンターのみの親しみやすい雰囲気の店内で、ゆっくりと食べることもできる。基本に忠実に、丁寧に作られる料理をぜひ味わってほしい。