名店ひしめく先斗町で
旬を尽くした懐石料理を

先斗町歌舞練場のある小径は、京都の中でもとりわけ名店が多い界隈だ。そんな歌舞練場のはす向かいに「先斗町ふじ田」は佇んでいる。

創業は平成元年(1989)。以後、変わらない場所で暖簾を掲げ、地元の人にも愛される名店となっている。

お昼ご飯は懐石料理「千鳥」(4630円)。なかでもこれからの季節のお勧めは、鮮やかなえんどう豆の旨味を豆乳と玉ねぎで引き立てた「えんどう豆の寄せ物」と、鳥そぼろをじゃがいもと豆腐の生地で包んでおかきをまぶして揚げた「かきもち饅頭」。

カウンターで料理人たちとの会話を愉しみながら料理に舌鼓を打てば、至福の時を過ごせること間違いなしだ。