九州の地酒を飲み比べできる

JR博多駅のエキナカ。かつて土産物通りだった場所がオシャレにリニューアルされた。その一角にあるのが「酒の九州」である。この店の入口にはドアがなく開放的だが、10人も入れば店内は満席という狭い空間。しかしエキナカという利便性、朝から深夜まで営業しているということで、出張のサラリーマンなどにも絶大な人気があるという。

早速、洋楽が流れる店内に一歩踏み入れると、エキナカとは思えない本格的な居酒屋空間が広がる。立ち呑みスタイルだが壁側にいくつかの椅子も用意されている。

店長の田所さんにシステムを聞くと「飲み比べ地酒3種は1000円、単品は350円からです」と言う。日本酒は常時10種から選べるようになっており、全て九州の地酒である。アテと共にキャッシュオンで注文。喧騒から離れた隠れ家のような空間で、九州の銘酒を存分に味わえる名店だ。