新鮮な魚介類のメニューが多く揃う

桜木町駅と直結するぴおシティ地下。呑み屋が多いフロアで、オレンジ色の暖簾と赤提灯がひと際目立っている。「石松」は開店から40年以上続く立ち呑み店だ。人気の理由は横浜の市場から仕入れる、新鮮な魚介料理。刺身だけで約30種類あるというから驚く。いずれも格安。旬の魚がリーズナブルな値段で食べられるとあって、30代以上の「お酒のキャリアがある」客が多い。

ご主人の早乙女節夫さんは、「オヤジの聖地。お客さん同士馴染みになって話が弾んだり、若い人が聞けない話を聞いたり。それが立ち呑みのいいところだね」。

開店以来40年以上通っているという80代の男性は、「昔は仕事帰りに毎日来ていた。今は来たい時に来て2、3杯呑んで帰る。ここの人は気持ちの優しい人が多いから通っている」。

気持ち良く呑める店、だからこそ酒の味もより美味く感じられる。