魚にこだわるビル地下の地酒道場

大阪はいわゆる全国展開のチェーン系居酒屋より、地元密着型個人店の方が数も人気度も高いらしい。

答えは明快。それは後者の方が値段が安くて旨いからである。立ち呑みや路地裏という立地も値段の安さに比例するかもしれないが、ビルの中にある小ぎれいな店も例外ではない。

店の外に掲示したお勧めメニュー。オーナーが力を入れている海鮮ものが充実している。
地下街にはほかにも昼呑みできる店が多くあり、まさに昼呑みゾーンとなっている。

足を運んだ「恵美寿屋」も大型複合ビル「あべのルシアス」地下1階の飲食街にある一軒だが、安さと料理の旨さはまさに大阪流。

映画のポスターなどが飾られた店内。

店内には映画ポスターや漫画家のサインが壁に描かれているなど洒落た雰囲気も漂うが、メニューを見ると思わず笑みがこぼれる。

定番以外に月替わりで全国から選ぶ3種の日本酒を提供。

特に海鮮ものが充実しており、「活鯛造り」350円、「活平目造り」390円、「極上まぐろ造り」ですら590円といった具合。

一皿250円均一の日替わりおばんざい。
カンパチカブト煮(200円)。

もちろん新鮮ぷりぷりの逸品揃いだ。毎朝、東部中央市場に買い付けに行くからこそ提供できるのだとか。店厳選の日本酒との相性も抜群だ。

「地酒酒場」と銘打ち、オーナーが懇意にしている酒屋が毎月3種の日本酒を厳選。香りを楽しむためワイングラスで味わうのが当店のスタイルだ。こだわりの地酒は480円〜各種。「すごくおいしい極上のマグロ造り」(590円)との贅沢な組み合わせを単能。
ビルの中にあるとは思えない大阪の呑み屋らしい佇まいが特徴。平日昼間14時だというのにすでに夜の居酒屋のような賑わいに。店に入ると、スタッフは昼も夜も「お帰りなさい!」と元気に迎えてくれる。居心地の良さに週6日も来る客もいるのだとか。
あべのルシアス地下1階の飲食街に店を構えて20年。

文/岩谷雪美 写真/秋 武生