日本の酒と書く「日本酒」。日本人として、日本の酒の飲み方は知っておきたいものだ。日本酒の飲み方を知っておけば、同じ酒でもいろいろな楽しみ方ができる。そこでこの記事では、日本酒の味わいを堪能するための飲み方のコツを紹介する。

温度を変えて日本酒の味を堪能

Sake

日本酒の飲み方として、まず押さえておいてほしいポイントが「温度」だ。誰しも居酒屋などで、「冷酒」や「熱燗」といったように、温度を調節した日本酒を見かけたことがあるだろう。これは、日本酒が温度を変えることによって、香りや風味が変化する酒だからである。また、酒の銘柄によっても、最適な温度が定められていることがある。

このように温度によって酒の味を楽しめるのは、世界的に見ても日本酒だけだといわれている。これは、日本酒の飲用温度が約5~60℃までと範囲が広いためだ。この飲用温度は、大きく分けて「冷や」「冷酒」「ぬる燗」「熱燗」の4つに分類されることが多い。そこで次に、この4つの特徴について紹介する。

冷酒 -爽やかな口当たり-

冷酒は0~15℃に冷やした日本酒のことを指す。冷やした日本酒は香りや甘味が目立たなくなるので、日本酒特有の香りや甘味を抑えて爽やかに飲みたいときにうってつけだ。とくに華やかな香りとフルーティーさが特徴の吟醸酒は、冷酒にすることですっきりとした飲み口となり、徐々に香りが広がっていくのを堪能できる。

また、日本酒はアルコールの度数が高いため、0℃に冷やしても凍りはしない。しかし、シャーベットのような食感になるので、「食べる日本酒」としてまた一味違った楽しみ方ができる。夏場の暑い時期などには、ぜひ試してみてほしい。

ちなみに0~15℃のうち、5℃刻みで以下のような呼び名がつけられている。

0℃ みぞれ酒
5℃ 雪冷え(ゆきひえ)
10℃ 花冷え(はなひえ)
15℃ 涼冷え(すずひえ)

冷や -日本酒本来の味を堪能-

冷やは20~25℃の日本酒のことをいう。冷たいという漢字を使うが、実は冷やというのは常温の日本酒を表している。これは、日本酒を冷やす方法が確立されていなかった昔の時代に、一番冷たい日本酒といえば常温のものを指していたことの名残なのだとか。

冷やは酒が持つ本来の味が表われるため、とくに上質な酒を飲むのに最適だ。洗練されていないものは、かえって雑味を感じてしまうこともある。純米酒のような落ち着いた味わいのものや、清酒のようなお米がきちんとこされた酒にうってつけの飲み方だろう。酒の上質さを確かめるために、まずは冷やを試してみるというのもいいかもしれない。

ぬる燗 -香りが開く-

30~40℃の日本酒をぬる燗という。その名の通り、日本酒をぬるいと感じる人肌程度に温めたものだ。日本酒はこのくらいの温度になると甘味や香り、コクが増し、口あたりもまろやかになる。そのため、ぬる燗は日本酒の甘さや香りを感じたいときにはぴったりだ。日本酒の甘味の元といえばお米。だからぬる燗には純米酒がよく合い、ぬる燗にすることでより深い味わいを味わえるだろう。

ぬる燗も、冷酒同様5℃刻みで以下のような名前がつけられている。

30℃ 日向燗(ひなたかん)
35℃ 人肌燗(ひとはだかん)
40℃ ぬる燗

熱燗 -味、香りを引き締める-

45~55℃まで温めた日本酒を熱燗(あつかん)と呼ぶ。熱燗は甘味を引き締めてくれるので、キレのよい日本酒を楽しむことができる。さらに辛味も増すため、ピリッとした日本酒を味わいたいときにもおすすめだ。熱燗は冷酒とはまた別の形ですっきりと飲みやすいため、日本酒を普段飲まない方でも、試してみてほしい。熱燗に向いているとされるのは、純米酒と本醸造酒。甘味が旨味へと変わり、引き締まった日本酒が味わえる。

ちなみに熱燗の呼び名が一般的だが、これも温度によって名前が変わる。

45℃ 上燗(じょうかん)
50℃ 熱燗
55℃ 飛切燗(とびきりかん)

アレンジを加えた日本酒も旨い

次に、一手間アレンジを加える日本酒の飲み方を見ていこう。普段とは違う日本酒の楽しみ方をしたい人や、まだ日本酒を飲み慣れていない人にもおすすめだ。

オン・ザ・ロックス

通常日本酒は、冷酒のように酒自体を冷やして飲むことが多いのだが、氷を入れてロックで飲むこともできる。それがオン・ザ・ロックスだ。このオン・ザ・ロックスは、とくに夏の暑い日などに飲むのが最高。氷に冷やされた日本酒の喉越しがたまらない。生酒で試してみるとそのよさがわかることだろう。また、日本酒でも味が濃いものや、度数が強いものを薄めるという意味合いで氷を入れてみてもいいのだとか。日本酒を製造する蔵元さんも実践する飲み方なので、ぜひ試してみてほしい。

炭酸で割る

日本酒が苦手だという人に試してみてほしいのが、日本酒のソーダ割り。こちらも蔵元さんが推奨する日本酒の飲み方で、炭酸で割ることによって爽快感が増して飲みやすくなるのだとか。また、一口に炭酸といっても、いろいろなもので割ることができる。たとえば、大吟醸酒を炭酸で割る、にごり酒を甘いサイダーで割る、コークハイのようにコーラで割るなど、酒と炭酸の組み合わせによって、何種類もの日本酒の形が味わえるだろう。自分好みの比率を見つけて、美味しい飲み方を模索してみてはいかがだろうか。

酒器にこだわり、味わい深く

日本酒をよく味わうためには、徳利や盃、グラスなどの酒器も大切である。器の表面積によって酸化の速度や香りの飛び方が変わるからだ。表面積が大きいものほど、酸化が進みやすく香りが飛びやすい。しかし、これは決してマイナスになるわけではない。

冷酒などでは、あえて表面積の大きい器に注いでからグラスに移すことで、マイルドな味わいになるといわれている。また、ピリッとした辛味が特徴の熱燗も、小さめの器に注ぐことによって辛味を打ち消すような旨味を感じられるのだ。

ちなみに日本酒を飲むときにつかわれる代表的な酒器に、「お猪口(おちょこ)」と「ぐい呑み」がある。よく混同されてしまうことの多い酒器だが、お猪口の方が小さく、ぐい呑みの方がたっぷりと酒を注げる。少しずつ酒を飲むためのお猪口、ぐいぐい呑むためのぐい呑みと覚えておけば、間違いも防げるだろう。

また、注ぐときに使う酒器として、「徳利」と「片口」がある。徳利は首が細くなっており、お猪口などに次ぐ際に立つ「とくりとくり」という音が名前の由来とされる。対して片口は、片方の縁に注ぎ口が付いているのが特徴だ。徳利と比べて口径が大きいので、日本酒の香りを堪能するのにちょうどよい。

通常はまず酒瓶から徳利や片口に日本酒を移し、さらにそれからお猪口やぐい呑みに酒を注いで日本酒をいただく。これらの酒器は、容量や口径、金属・陶器・ガラスといった材質などによっていろいろなものがあるので、お気に入りのものを見つけてみよう。酒器をコレクションしてみても楽しいかもしれない。

和らぎ水でゆっくりと日本酒を味わう

アルコールに弱い人は、日本酒ばかりを飲んでいては深酔いしてしまう。また、アルコールに強い人でも、続け様に酒を飲めば、その繊細な味わいがわかりづらくなることだろう。そこで取り入れたいのが「和らぎ水」だ。これは洋酒でいうところの「チェイサー」と同じ意味を持つ。

日本酒を飲むときに合間に和らぎ水を挟めば、酔いを和らげてくれ、深酔いを防いでくれる。さらに、一度口内をリフレッシュしてくれるので、繊細な日本酒の味をじっくりと堪能することができるのだ。日本酒を飲むときは隣に和らぎ水を用意し、ゆっくりと味わおう。

日本酒は温度や酒器を変えることによって、同じ銘柄の酒でも、違った味わいを楽しめる。とくに温度は5℃刻みで呼び名が定められているほど、日本酒の味わいに深く関係してくる。ぜひ上記で紹介したものを参考に、日本酒を美味しく飲んでみてほしい。また、日本酒の風味はとても繊細なものだ。より深く味わうためにも、合間に和らぎ水を挟んでゆっくりと楽しもう。