果実の甘味や香りが漂うブランデー。賞味期限がないと思われがちのブランデーではあるが、実は開封することで酸化が始まる。この記事では、そんなブランデーの賞味期限と保存方法について詳しく解説していく。正しい保存を心がけ、より長くブランデーを楽しもう。

ブランデーの賞味期限 〜古いブランデーは劣化するか〜

保存と聞いてまず気になるのは、ブランデーの賞味期限ではないだろうか。実は、ブランデーはアルコール度数の高さ(約40度)ゆえに菌が繁殖しづらいため、賞味期限がない。大抵のブランデーに賞味期限・消費期限の記載がないのは、それが理由だ。

しかし、一度開封してしまうと空気に触れ、酸化が始まる。そのため、開封後美味しく飲める期間は、およそ6ヶ月~1年だといわれている。賞味期限がないとはいえ、開封すると劣化が始まることには注意しよう。例外的に、35年以上熟成された古いブランデーは、開封して1年経過するとまろ味が出て美味しくなるとされる。

また、保存状態がよくないと劣化が早まってしまう点も要注意だ。とくに気をつけたいのがコルクの劣化で、コルクは長期間放置すると乾燥し、ボロボロになって崩れ、ブランデーの中に混入することがある。こうなるとコルクの香りがブランデーに混じり、風味を損ねてしまう。

そこで、ブランデーを横向きに置いて、コルクを湿らせながら保存する方法がある。しかしこの方法も、中身がコルクに触れる時間が長いため、香りが移る可能性は否定できない。縦置きと横置きのどちらがよいかは諸説あるが、コルクがブランデーの中に落ちてしまった場合は、コーヒーフィルターなどで濾すのが一番だろう。

ブランデーの保存方法 〜未開封・開封後で異なる〜

続いては、ブランデーの保管方法について、未開封時と開封後の2パターンに分けて解説する。

未開封の場合

直射日光と高温を避け、冷暗所で保管しよう。たとえば、キッチンの床下収納や押し入れなどが挙げられる。コニャックなら15~20度程度の常温でも保存可能だ。冷蔵庫に入れるとアルコールの刺激が強まり、風味を感じづらくなるため、あまりおすすめできない。

開封後の場合

冷暗所に保管するという点では、未開封の場合と変わらない。開封後は、なるべく酸化を防ぐために、ボトルとコルクの間をシールテープで覆うとよいだろう。「パラフィルム」で検索すると、ネットでも購入可能だ。

長期にわたって楽しめるブランデー。美味しく飲むためには、保管する環境や方法に気を配ることが大切だ。また、時間経過による酸化やコルクの劣化にも注意する必要がある。適切な保存を心がけることはもちろんだが、開封後は美味しく飲めるうちに飲んでおくこともまた、ブランデーを嗜む者の作法といえよう。