進んで茨の道に散った情熱の武士「山中鹿介」。彼の生き様から武士道の精神性を知る|〈日本人と武士道〉