アメリカのボトルブランドシリーズとして2018年に発売開始。「掴んで飲むだけ」で、キャップの開閉は必要なし。これまでの水筒の概念を覆す仕様で、今年は取扱店舗数を前年比の2.5倍に拡大しているという。

360℃の自動密閉キャップのため、ボトルの飲み口を探す必要もなく、飲みたい時は無造作にボトルを掴んで口に運ぶだけ。さらに、うっかり倒してもこぼれにくい構造で、まるで魔法のような体験を提供する。

真空断熱構造2層ステンレスボトルで外の気温の影響を受けにくく、保冷効果も良好。水筒を持たない派が懸念する面倒な手入れも、ペットボトルのような肩口をもたないストレート構造だから、洗い残しをつくらないため洗浄が簡単だ。

利便性だけでなく、新しい“水筒体験”がどんなものかを試すために、1度は使ってみたいアイテムだ。