「マウンテンハードウェア」は米・カリフォルニア発のクライマーズブランド。アウトドアを楽しむ全ての人を“アウトドアアスリート”と捉え、8,000m峰のアルパインクライマーから週末の日帰りハイカーまで、よりアクティブにアウトドアライフを楽しめる機能性の高いウェア&ギアを創造している。

2019秋冬は、テーマに“CLIMB IN.”を掲げ、全てのクライマーやアウトドアアスリートが山や都市の日常で楽しめるコレクションを展開する。

同コレクションの世界観を表現するメインビジュアルには、国内外の外岩で活躍するロッククライマー・一宮大介さんを起用し、スタイリスト・山田陵太さんやカメラマン・赤木雄一さんがアメリカ西海岸など、海外でのクライミングトリップを続ける一宮さんを通して「いつだって真剣に自然と遊ぶ」クライマーたちの遊び心と一流の視点を捉えている。

プロのクライマーとして、外岩との闘いを真面目に楽しむ過酷なライフスタイル。しかし一宮さんは、困難な外岩と向き合う高い難易度のクライミングを“一生の真剣な遊び”と笑顔で表現する。今回のコレクションにも、そんな彼の成熟したマインドが投影されているかのようだ。

Mountain Hardwear “CLIMB IN.”