カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」より、「Honda Racing」とのコラボレーションモデル第5弾となる『EQW-A2000HR』を5月15日に発売する。

今回は1961年の伝説のレーシングマシン「RC162」をモデルに作られた、マニア垂涎ものとなっている。

日本人ライダー・高橋国光選手の記念的モデル「RC162」

『EQW-A2000HR』は、1961年に開催されたロードレース世界選手権「第2戦西ドイツGP250cc」で、日本人ライダーの高橋国光選手が初優勝してから今年で60周年を迎えることを記念し、優勝を飾ったレーシングマシン「RC162」を表現した。

HONDA RC162とは?

アルミ叩き出しのカウルをモチーフに、ベゼルと文字板を特殊加工している。ブラックの文字板には燃料タンクをイメージした赤や、「RC162」のボディカラーであるシルバーをアクセントとして配色したほか、印象的な黄色いラインや1961年当時のHondaロゴをあしらっている。

さらに、レーシングスーツをイメージした本革のバンドを使い、伝説のレースシーンを蘇らせた。

ベースモデルには、ミドルサイズでスタイリッシュな電波ソーラーモデル「EQW-A2000」を採用。高強度でクリアなサファイアガラスの風防により、レースなどハードな場面でも安心して使用することができる。

Hondaロゴが随所にあしらわれた専用パッケージには、軽量なベルクロタイプの付け替え用ナイロンバンドも同梱している。

【商品概要】
商品名:EQW-A2000HR
価格:7万7000円(税込)
公式サイト:CASIO『EQW-A2000HR』