デビルマンといえば、永井豪氏の代表作。2020年3月には、40年ぶりに永井豪自身が描いた「デビルマン」の最終章、「デビルマンサーガ」が完結した。

デビルマンラベル・ウイスキーは、2018年1月に第1弾、2019年5月に第2弾を発売。 今回は、その第3弾として、スコッチの中でも異なる地域の“ピーティー”なウイスキー3種をそろえる。

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏による、それぞれの紹介は次の通りだ。

『デビルマン』ラベルウイスキー・レダイグ2005

香り:スモーキーだが、背後にフルーティさがある。ややドライで、ほのかにバニラ。
フレーバー:ピートのアタック。カレー粉のスパイシーさ。長く続くホットなフィニッシュ。 加水すると麦汁のニュアンスが強くなる。
総合評価:レダイグとしては、繊細で、よくまとまっている。飲んだときのストレスもない。

『デビルマン』ラベルウイスキー・アイラ・ピーテッド・ブレンデッド・モルト2009

香り:ほのかにシェリー樽由来のドライフルーツとチョコレート。やや硫黄の香りが 牛肉の旨味のニュアンスにつながる。徐々にグレープフルーツのフルーティさが出てくる。
フレーバー:スムーズで心地よい。フルーティさが、樽由来の特徴に打ち勝っている。
総合評価:いわゆるティースプンモルト。ピーティングレベルは高いが、フルーティさもある蒸溜所のモルトであると思われる。

『デビルマンサーガ』ラベルウイスキー・Àird Mhòr2009

香り:すっきりとして、透明感のある甘いピート。白い花のハチミツ。軽くレモン。
フレーバー:バランスのよいスモーキーさ。スムーズで、きれいな麦汁感。 フィニッシュは、ほのかにスパイシー。
総合評価:スペイサイドのピートと、アイラのピートの融合。きれいに仕上がっている。

3種それぞれ、ラベルに強烈なインパクトを与えるデビルマンを描いたコラボレーションボトル。味わいを楽しむのはもちろん、コレクションとして手に入れてみては。

【商品概要】
①『デビルマン』ラベルウイスキー・レダイグ2005
販売価格:1万5,000円(税別)
製作数:234本
容量:700ml
熟成年数:14年
アルコール度数:55.1%

②『デビルマン』ラベルウイスキー・アイラ・ピーテッド・ブレンデッド・モルト2009
販売価格:1万2,000円(税別)
製作数:624本
容量:700ml
熟成年数:10年
アルコール度数:56.4%

③『デビルマンサーガ』ラベルウイスキー・Àird Mhòr2009
販売価格:1万4,000(税別)
製作数:252本
容量:700ml
熟成年数:10年
アルコール度数:55.5%。
いずれも原材料モルト。原産地スコットランド(英国)。

発売日:2020年7月15日(水)昼12時より
販売サイト:WHISKY MEW(ウイスキーミュウ)