「First Essence Tea Leaf Gin」は、静岡県大河内地域の在来品種・同県葵区の「香駿」の生葉を使用する。茶葉の香りを最大限に引き出し、まるで茶畑にいるようなお茶の香りを楽しめるという。

蒸留器は、日本で明治時代まで用いていた「カブト釜蒸留器」を使う。茶葉を製茶するまでの工程の中で、最も茶葉が香る状態で蒸留。口に含むと茶葉の旨味と共に白い花の余韻に包まれる。

ベーススピリッツには吟香露や高田酒造の米焼酎、ちこり焼酎を使用。ボタニカルは、ジュニパーベリーと茶葉(香駿、大河内在来種)が香る。

同商品を手掛けたのは、日本茶の生産や販売販売を手掛けるTeaRoomと、岐阜県郡上八幡でスピリッツの製造を行う辰巳蒸留所。お茶の新しい付加価値創造に注力するなかで、ジンの共同開発につながったという。

生産本数は312本と少数生産のため、原則的に一般の販売はしていないとのこと。今後の一般発売に期待しよう。

【商品概要】
商品名: First Essence Tea Leaf Gin(ファースト エッセンス ティー リーフ ジン)
販売価格: 4,600円(税込)
購入方法: 少数生産のため原則一般販売なし
問い合わせ:TeaRoom

あわせて読みたい
▶︎ジンのおすすめ銘柄25選|種類や飲み方・カクテルを知る