ビール本来の原料で引き出す風味

チョコビールが使う原料は普通のビールと同じだが、ベース麦芽の焙煎の仕方が違う。普通のビールが約85度で焙煎するところ約160度の高温で焙煎し、ベース麦芽が焦げる寸前、ほろ苦いビターチョコのような風味となる。こうしてできた“チョコレート麦芽”を使ったビールがチョコビールだ。

チョコレート麦芽(下)とベース麦芽(上)

4種類のフレーバーを楽しめる

まず味わってほしいのは、サンクトガーレンのチョコビールの代名詞的存在で、発売16年目となる「インペリアルチョコレートスタウト」。ぜひ黒ビール好きに飲んでほしい。

その昔ロシア皇帝に献上されたという“インペリアルスタウト”スタイルを踏襲して、通常の黒ビールの3倍の材料を使って仕上げた“超特濃黒ビール”だ。泡も真っ黒となり、甘くなく、特濃ビターな味わいだ。

インペリアルチョコレートスタウト
この黒い泡が特徴

【商品名】インペリアルチョコレートスタウト
【アルコール】9%【価格】600円(税抜)【瓶容量】330m
▶︎詳細ページ

他3種は甘めの味わい。2021年限定のチョコビールで、幻の洋梨とも言われる“ル レクチェ”を使用した「ル レクチェ チョコレートスタウト」は、フルーティーな香りが広がるビールだ。

ル レクチェ チョコレートスタウト
新潟産の幻の洋梨“ル レクチェ”

【商品名】ル レクチェ チョコレートスタウト(※2021年限定)
【アルコール】7%【価格】500円(税抜)【瓶容量】330ml
▶︎詳細ページ

マーマレードのような風味が残る「オレンジチョコレートスタウト」。橙オレンジを皮も実も丸ごと使用し、皮のほろ苦さも広がるビールだ。

オレンジチョコレートスタウト
橙オレンジを皮ごと刻んで煮込む

【商品名】オレンジチョコレートスタウト
【アルコール】6.5%【価格】500円(税抜)【瓶容量】330ml
▶︎詳細ページ

バニラチョコのような甘くまったりした飲み口の「スイートバニラスタウト」。パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用し、甘く優しい香りが広がる。4種の中でいちばん甘口のビールとなる。

スイートバニラスタウト
バニラは1本1本切り込みを入れる

【商品名】スイートバニラスタウト(※これのみ通年販売)
【アルコール】6.5%【価格】460円(税抜)【瓶容量】330ml
▶︎詳細ページ

それぞれ手の込んだ仕込みが施された4種のチョコビール。気分によってセレクトするのも楽しそう。気になった人は公式サイトを覗いてみて。

▶︎サンクトガーレン公式サイト

▼あわせて読みたい