『千葉の酒フェスタ』( 主催:千葉県酒造組合 ) 3回目の東京開催となる今回は 有料試飲、燗酒のコーナーも復活 、各酒蔵ブースでの利き酒はもちろん、貴重な銘柄の直売も行われる日本酒ファン垂涎のイベントだ。

日本酒、醤油、みりん、味噌など発酵食品の名産地として栄えてきた千葉県。多数の蔵元が会場に出展、個性あふれる地酒100種以上が自由に試飲できる。

来場者には、千葉の酒購入チケット500円分と「ミニきき猪口」をプレゼント。
さらにアンケートに答えると、先着でお酒1本(300ml)がもらえる特典も用意されている。

【出展予定銘柄】
甲子(飯沼本家)/長命泉(滝沢本店)/旭鶴(旭鶴)/峯の精(宮崎酒造店)/福祝(藤平酒造)/東魁盛(小泉酒造)/飛鶴(森酒造店)/聖泉(和蔵酒造)/寿萬亀(亀田酒造)/稲花(稲花酒造)/腰古井(吉野酒造)/鳴海(東灘醸造)/木戸泉(木戸泉酒造)/岩の井(岩瀬酒造)/舞桜(守屋酒造)/総乃寒菊(寒菊銘醸)/東薫(東薫酒造)/不動・仁勇(鍋店)/勝鹿(窪田酒造)

男の隠れ家デジタル編集部では当日の模様を、酒漫才師にほんしゅのレポートでお伝えする予定だ。

■開催概要
『千葉の酒フェスタ2019』 主催:千葉県酒造組合
10月6日(日)16:30~18:30
東京交通会館12F ダイアモンドホール
【入場料】
・前売券¥2500(eプラスにて発売中
・当日券¥3500 ※前売券にて定員の場合は当日券の販売はありません。
 参加者全員にミニきき猪口プレゼント/ 千葉の酒購入チケット500円分付
 アンケート回答者先着300名様に300mlのお酒1本プレゼント

お問い合せ:千葉県酒造組合