これぞまさしくロックな日本酒!

大の日本酒好きとして知られるバンドメンバーのディヴ・グロールを筆頭に、彼らの好みを反映した2種類の純米大吟醸を製造したという。2種類の酒はメンバーが実際に試飲して気に入った酒をベースに、完全なオリジナルスペックとなっている。

オリジナル日本酒の製造にあたって、醸造工程でもろみにフー・ファイターズの名曲や、ニューアルバム「メディスン・アット・ミッドナイト」からの楽曲を聴かせるユニークな製造方法を実施。その様子はバンドの公式YouTubeにも公開されている。

ちなみに商品名「半宵(はんしょう)」は、アルバムタイトルの中にある「ミッドナイト」の日本語直訳「真夜中」を意味している。

Foo Fighters×楯野川 純米大吟醸 半宵 碧(はんしょう あお)

華やかな香りと軽快な甘みが感じられる味わい。Foo Fightersのポップな面にフォーカスして醸造したとのこと。日々の疲れを癒してくれるような優しい口当たりと甘みが体全体に染み渡る仕上がり。

原材料名:米(国産)、米麹(国産米使用)
原料米:山形県産出羽燦々100%使用(ラベル非表示)
精米歩合:50%
内容量:720ml
アルコール分:15度
小売価格:3080円(税込)

Foo Fighters×楯野川 純米大吟醸 半宵 銀(はんしょう ぎん)

重厚感があり後味のキレのいい味わい。Foo Fightersのロックな面にフォーカスして醸造した。しっかりとした骨格のある口当たりと凛とした佇まいが、明日への活力を与えてくれる。

原材料名:米(国産)、米麹(国産米使用)
原料米:岡山県産雄町100%使用(ラベル非表示)
精米歩合:50%
内容量:720ml
アルコール分:15度
小売価格:3080円(税込)

【Foo Fighters プロフィール】

元ニルヴァーナのドラマーであり、現在の音楽シーンを代表するロック・アイコン、デイヴ・グロール(vo,g)を中心とする米ロック・バンド。今年25周年を迎える。グラミー賞11冠に輝きアルバム総セールスは3,000万枚超、ニルヴァーナ時代も含めると1億枚にも及ぶ。2015年にはフジロック・フェスティバルでヘッドライナー出演のために7年ぶりに来日、骨折しながらも圧巻のパフォーマンスを行ったデイヴ・グロールの姿も話題を呼んだ。2017年、サマーソニックにヘッドライナーとして初出場を果たし、9月15日には<シーア>や<アデル>の大ヒット曲で知られる注目のプロデューサーにして稀代のメロディメイカ―<グレッグ・カ―スティン>と初めてタッグを組んだ、3年ぶりとなる9作目『コンクリート・アンド・ゴールド』を発売し、アメリカ、イギリス、日本を含む世界11か国で1位を記録した。

Medicine At Midnight

【販売方法】
発売日:4月上旬より販売開始(予約数に達したため今後の続報は各種SNSにて更新予定)
販売場所:日本酒「楯野川」特約店
▶︎楯の川酒造公式オンラインショップ