アサヒビール、DNP、FULLLIFEの協業によって開発されたこのカクテルは、FULLLIFEの特許技術を用いて製造した果汁氷「アイスボーール」をビールに入れてつくられる。

溶けにくい特性があり、ビールを最後まで冷たくキープしながら、じっくり溶け出す果物のフルーティな味わいや彩りが徐々に広がり、一口飲むごとに味わいが変化する新感覚のビアカクテルになるという。

ただ果汁を混ぜて凍らせただけの果実氷と比べると、その保形性は約6倍。ゆっくりとビールの味を彩るだけでなく、おだやかに形を変えるボールを長く眺められるのも粋な演出だ。

BEER DROPS RED

味はスイカ・ピーチ・パインの「アイスボーール」を使用した「BEER DROPS RED」、キウイ・レモン・パインの「アイスボーール」を使用した「BEER DROPS GREEN」をメインに、期間限定フレーバーなども展開。今後はアサヒビールのビール取扱い飲食店へメニュー提案を開始し、2020年6月までに200店舗への導入を目指す。

BEER DROPS GREEN

柔軟な発想と新技術により生まれたビアカクテル。ビール業界に新たな風を吹き込みそうだ。

アサヒビール