ニッカウヰスキー本社ビルの地下1階で「うすけぼー」や「ブレンダーズバー」を運営する「S’SPIRITS」は、入手困難な世界でただ1樽の希少ウイスキー「ジャックダニエル オリジナルシングルバレル」を1本から共同購入できるプロジェクトをMakuakeで公開中。数量限定でプロジェクト終了は2021年5月5日となっている。

希少な3樽詰めウイスキーを入手するチャンス!

ウイスキーは樽での熟成の際に“天使の分け前”と言われるように徐々に容量が減っていく為、1樽から造られるボトル本数は樽それぞれで異なるもの。

今回で第8弾目となる共同購入は、世界でも希少な樽詰めウイスキーを入手するチャンスとなっている。

市販されている多くのウイスキーは、安定した品質を保つ目的で数十樽の原酒をブレンドして造られている。それに対し、単一の樽の原酒のみから造られるのが「シングルバレル」と呼ばれるウイスキーだ。

覚えておきたい定番カクテルおすすめ27種類|名前&レシピ一覧

蒸留したばかりの透明な原酒が樽の中で数年の時を経て、神秘的な琥珀色の液体に変わっていくのがウイスキーの特徴で、同じ原料や製造方法の原酒が寝かせる樽や場所によって微妙な違いを生む。そのウイスキーの醍醐味を感じられるのが「シングルバレル」なのだ。

大麦やトウモロコシを原料にする「スコッチウイスキー」においては、「シングルカスク」と呼ばれているが、今回のプロジェクトの「ジャックダニエル オリジナルシングルバレル」は、バーボンウイスキーの中でも「テネシーウイスキー」と呼ばれ、チャコール・メローイング製法というサトウカエデで作った木炭による濾過など製造工程や原料、製造場所も厳密に定義されているもの。

世界的な知名度を誇るテネシーウイスキー「ジャックダニエル」の真髄が味わえる「シングルバレル」は、ウイスキーファンなら入手したい1本だろう。

今回、樽のオーダーは南青山にあるウイスキバー「ブレンダーズバー」のマスター・黒澤聡氏が厳選してチョイス。米国ジャックダニエルのマスターディスティラー(最高蒸溜責任者)であるジェフ・アーネット氏をはじめとした選定メンバーが樽を選定した、まさに世界に1樽だけの「シングルバレル」となっている。

現在、応援購入が可能なラインアップは以下の2つとなっている。それぞれ、限定数に達すると入手は絶望的な希少なもの。後悔しないためにも、気になる人は早々のチェックを。

【商品概要】
■(140名限定)ジャックダニエル シングルバレルウィスキー キャラメル&クリーミー 750ml
■(120名様限定)ジャックダニエル シングルバレルウィスキー バタースコッチ&ドライ 750ml
価格:1万3000円(税込)
公式サイト:Makuake 【第8弾】世界にたった1樽!ここだけの「ジャックダニエルシングルバレル」を手に

▼あわせて読みたい