ビール、サワー、ワインなど、最近は多種多様なノンアルコール飲料がコンビニやスーパーなどで発売されている。その中でも特に人気が高いのが、果実の味わいを堪能できるノンアルコールカクテルだ。

コンビニやスーパーなどでノンアルコールカクテル商品が発売されているだけではなく、最近ではお酒を飲むために行くバーでもノンアルコールカクテルを提供してくれる。それだけノンアルコールカクテルは需要が高く、しっかりと確立されているジャンルなのだ。

本記事ではノンアルコールカクテルの魅力、作り方、市販されているおすすめ商品を紹介していく。お酒が苦手な方、または休肝日で飲もうかなと興味を持っている方は、最後までぜひ読んでいただきたい。

ノンアルコールカクテルとは

ノンアルコールカクテルとは読んで字のごとく、アルコールを使っていないカクテルのことだ。「酒+何か」で割るのがカクテルの定義であるとされているが、ノンアルコールカクテルの場合は酒の部分がノンアルコールになるので、通常のカクテルよりも自由度が高い。

英語で真似するという意味を持つ「mock」と「cocktail」を組み合わせてモクテルと呼ばれることもあるが、日本で馴染みが深いのはノンアルコールカクテルの方だろう。バーなどでは、モクテルと表記している場合もある。

既存のカクテルのレシピからアルコールを抜いて作るのが一般的で、お酒の代わりに以下のドリンクを使用する場合が多い。

  • リンゴジュース
  • オレンジジュース
  • パイナップルジュース
  • ジンジャーエール
  • 炭酸水
  • トニックウォーター

しかし、前述したようにノンアルコールカクテルは自由度が高いので、使用するドリンクは何でも良く明確な決まりはない。アレンジの幅が広いので、旬の果物やその日の気分に合わせて種類やドリンクの比率を決めるのが一般的だ。

大抵のバーではノンアルコールカクテルを注文できるが、この時に躊躇する必要はまったくない。なぜなら、ノンアルコールカクテルはカクテルと同じ手順で作られるため、手抜きではないからだ。

さらに最近は需要の急増に伴い、ノンアルコールカクテル専門のバーまで誕生している。ノンアルコールカクテルは市民権を得たひとつのジャンルとして確立されている飲み物なので、バーでも気軽に注文してもらいたい。

ノンアルコールカクテルの魅力

ここからは、ノンアルコールカクテルの魅力を紹介していこう。

さまざまなアレンジを楽しめる

ビール、ワイン、焼酎などお酒の種類は数あれど、美味しく飲めるアレンジの方法には限りがある。しかしノンアルコールカクテルは、さまざなアレンジにより、多種多様な味の変化を常に楽しむことができる

まずはベースとなるドリンクの多さ。さっぱりしたい時はジンジャーエール、甘い風味を楽しみたい時はリンゴジュース、トッピングの味を楽しみたい時は炭酸水など、ベースだけでも多種多様だ。

味変してくれるシロップの味も多岐に渡り、そこに旬の果物をトッピングするだけで毎回違う味のノンアルコールカクテルを楽しめる。ベースドリンクとシロップの比率を変えるだけでも、大きく風味が変わるだろう。

酔っぱらう心配がない

ノンアルコールカクテルにはアルコールが含まれていないので、酔っぱらう心配がない。次の日が朝早くても、二日酔いが心配でも、お酒が弱い方でも安心して飲むことができる

お酒は入っていないがカクテルと同じ手順で作る凝ったドリンクであることに変わりないので、味わいは普通のジュースとは異なり深みがあって爽快だ。炭酸で割られていれば爽快感を楽しむことができ、お酒のように美味しく飲むことができる。

他にも、例えば会社の同僚などとお酒の席を囲んでいる時にノンアルコールカクテルは便利だ。ひとりだけジュースを飲むのは気が引ける場面でも、ノンアルコールカクテルであれば見た目は普通のカクテルと同じなので、周囲の人にお酒を飲んでいないとは思われない。

健康志向が強い方、ダイエット中の方にもノンアルコールカクテルはおすすめだ。アルコールは糖質が蓄積して太る原因になってしまうので、ノンアルコールカクテルでお酒のような味を楽しみながら体形も維持できる。

代表的なノンアルコールカクテルの作り方

ここからは、ノンアルコールカクテルの中でも特に代表的なものを厳選して作り方を紹介していこう。自宅でも作れるので、気になるものはぜひ挑戦していただきたい。

シンデレラ

ノンアルコールカクテルの中でも特に有名なシンデレラは、世界的に有名な童話になぞらえて作られたことから命名された。

カクテル言葉は「夢見る少女」で、その名の通り柑橘類を使ったフレッシュで甘い味わいが人気のノンアルコールカクテルだ。

シンデレラを作るには、以下の3つのドリンクを用意しよう。

  • オレンジジュース
  • レモンジュース
  • パイナップルジュース

これらはフルーツジュースでも生の果汁でも問題ないが、すべてのドリンクの量を同一にするのがコツだ。同一量のジュースをシェイカーに入れてブレンドした後、カクテルグラスに入れて完成。シェイカーがない場合は、マドラーやスプーンなどで混ぜても問題はない。

このままでも十分に美味しいが、さらにパインスライス、オレンジスライスなどを入れたアレンジ方法や、ソーダで割るスタイルも存在する。

それぞれのジュースの分量を調整することで甘くなったり酸味が強くなったりするので、自分好みのアレンジに挑戦してみるのも楽しいだろう。

サマーデライト

サマーデライトはさっぱりとした味わいが人気のノンアルコールカクテルで、口の中をすっきりさせるため食前に飲む方が多い。

サマーデライトを作るには、以下の材料を用意しよう。

  • ライムジュース(30ml)
  • グレナデンシロップ(15ml)
  • シュガーシロップ(20ml)
  • 炭酸水(適量)

炭酸水以外の材料をシェイクした後、氷を入れたタンブラーに注いで炭酸水で満たしたら完成だ。

直訳すると「夏の喜び」という意味を持つサマーデライトは、まさに夏の炎天下の下で飲むのに最適なノンアルコールカクテルだ。炭酸の爽快な味わいと甘い口どけは、試してみる価値ありの逸品である。

ヴァージンマリー

ヴァージンマリーは、ブラッディマリーからウォッカを抜いたノンアルコールカクテルだ。アメリカやイギリスではブラッディマリーは二日酔いの時の迎え酒として有名で、週末のブランチに注文する定番メニューとなっている。

ヴァージンマリーを作るには、以下の材料を用意しよう。

  • レモンジュース(30ml)
  • カットレモン
  • トマトジュース(適量)

味の調整が簡単にできるノンアルコールカクテルとして有名で、セロリなどの野菜スティックを添える気軽なアレンジも多く存在する。

味わいは中辛から辛口で、トマトジュースとレモンの風味で口の中をさっぱりさせてくれる。タバスコなどを加えると、さらにピリ辛の味わいを堪能できるだろう。

市販されているノンアルコールカクテルのおすすめ商品

ここからは、コンビニやスーパーなどで市販されているアルコールカクテルの中から、特におすすめの商品を厳選して紹介していこう。

アサヒゼロカク

アサヒゼロカク

すっきりとした味わいが特徴の「アサヒゼロカク」は、カロリー0、糖質0、アルコール0のノンアルコールカクテルだ。程よい甘さが特徴で、おすすめはリフレッシュタイムに飲む一杯。いつでもグイグイ飲めてしまう飲みやすさと軽さが魅力だ。

コンセプトは『サワーテイスト清涼飲料』で、フルーティーな味わいで後味もすっきりさわやか。アルコールだけでなくカロリーも糖質も0なので、ダイエット中の方や健康のためにお酒を控えている方にもおすすめの逸品だ。

発売されている種類も多種多様で、9種類以上の商品がラインナップされている。

  • ジントニックテイスト
  • ファジーネーブルテイスト
  • ヨーグルトテイスト(いちご)
  • シャルドネスパークリングテイスト
  • ピーチロゼスパークリング
  • ピンクサングリア
  • カシスオレンジテイスト
  • ヘルシーグレープフルーツサワーテイスト
  • ラムコーラテイスト

より強くお酒の風味を味わいたい方はジントニックテイスト、スッキリとしたフルーツの味わいを堪能したい方はピンクサングリアがおすすめだ。

のんある気分

のんある気分

ノンアルコールチューハイカクテルテイスト売上No.1の「のんある気分」は、お酒感をしっかりと味わいたい方におすすめのノンアルコールカクテルだ。

独自のリアルテイスト製法により、ノンアルコールであるにも関わらず複雑な香味と深い味わいを実現。飲んだ後の余韻は、お酒以外の何ものでもない。体形や健康が気になる方も嬉しい糖質0、カロリー0なので、もちろん休肝日でも飲むことができる。

人気の定番ラインナップは、以下の6種類だ。

  • レモンサワーテイスト
  • グレープフルーツサワーテイスト
  • 巨峰サワーテイスト
  • ホワイトサワーテイスト
  • 梅酒サワーテイスト
  • カシスオレンジサワーテイスト

よりチューハイらしさを目指しているノンアルコールカクテルなので、お酒の風味が強すぎると感じる方もいるかもしれないが、お酒が好きな方にとってはまさに救世主とも言えるノンアルコールカクテルだ。

一番人気のレモンサワーテイストは、すっきりとしていて甘すぎない風味が特徴だ。どんな料理にも合わせることができる味わいなので、食事のお供でもぜひ飲んでいただきたい。

ゼロハイ

ゼロハイ

クリアかつ本格的な後味が人気の「ゼロハイ」は、飲み応え抜群のノンアルコールカクテルだ。ノンアルコールで本格的なお酒の気分を味わいたい方におすすめで、ほろ苦い爽快な後味は本当にお酒を飲んでいる気分にさせられる。

ゼロハイからは2種類のノンアルコールカクテルが発売されていて、どちらも人気商品なのでぜひチェックしていただきたい。

  • シチリア産レモン
  • グレープフルーツ

スッキリとした爽快感を味わいたい方はシチリア産レモン、ほろ苦い味わいを楽しみたい方はグレープフルーツと、それぞれでまったく味わいが異なる商品なので、自分の好き嫌いやその日の気分で選択しよう。

サンガリア チューハイテイスト

サンガリア チューハイテキスト

サンガリアから発売されているチューハイテイストは、甘すぎない味わいが人気のノンアルコールカクテルだ。人気の秘訣は味だけではなく値段にもあり、楽天やアマゾンなどでまとめ買いすると1本あたりの値段が70円前後になるため、毎日ノンアルコールカクテルを飲んでいる方には嬉しいコスパだ。

アルコールだけではなく糖質、プリン体、カロリーが0なので、ダイエット中の方でも安心。フルーティーな後味と爽快さは飲み応え抜群だが、甘すぎないでの料理中に食べても味の邪魔をしない。爽やかな風味は晩酌の一杯にもおすすめだ。

チューハイテイストの商品ラインナップは、現在以下の3種類が発売されている。

  • 梅テイスト
  • グレープフルーツサワーテイスト
  • レモンテイスト

こだわり産地の果汁感とスッキリとした喉ごしは、まさに本物のチューハイ。試しに1本飲んでみて美味しいと感じたら、お得なまとめ買いで購入して1本あたりのコスパを良くしよう。

酔わないウメッシュ

酔わないウメッシュ

9年連続カクテル系ノンアル売上No.1の「酔わないウメッシュ」は、テレビCMやメディア等でも多く取り上げられているノンアルコールカクテルだ。

紀州完熟南高梅100%使用で、酸味料、着色料、香料などの添加物は一切使用せず、マイクロ粉末製法によって従来の梅酒により近い風味を実現している。希少な梅の風味をそのまま体感できるドリンクに仕上がっているので、飲み応えは抜群だ。

梅酒が好きな方はもちろん、ノンアルコールカクテルそのものが好きな方も十分に満足できる逸品で、非常に飲みやすく美味しいので、お酒が苦手な方でも安心だ

酔わないウメッシュシリーズは他にも、以下の2種類の商品が発売されている。

  • 酔わないレモンッシュ
  • 機能性酔わないウメッシュ

機能性酔わないウメッシュとは、運動後や日常生活で疲労感が気になる方におすすめの、梅酒ソーダテイスト飲料である。疲労軽減効果が報告されているドリンクとなっているので、疲れが気になる方はぜひ飲んでいただきたい。

まとめ

ノンアルコールカクテルの魅力、作り方、市販されているおすすめ商品をまとめて紹介してきたが、参考になっただろうか?

コンビニやスーパーでも多種多様な種類が発売されており、バーでも提供されているノンアルコールカクテルは、ひとつのジャンルとして確立されたドリンクだ。アルコールが入っていないにも関わらずお酒を飲んでいる気分にさせられるノンアルコールカクテルは、健康やダイエットにも良く、料理の味を邪魔しないため食事中に楽しんでいるという方も多いだろう。

自宅でも簡単に作れるため、さまざまなアレンジで飲むことも可能だ。ノンアルコールカクテルの無限大の味の変化を、ぜひ皆も楽しんでみよう。